エンタメ方法検索スマートフォン対応|みんなのエンタメノウハウ

アメリカJCCの傾向データ予想

JRA中央競馬アメリカJCCにおける重賞レースの過去傾向をデータを元に分析

アメリカJCC

G2アメリカJCC
中山競馬場4歳以上芝外2,200m

今年一年を展望する中距離重賞!「アメリカジョッキークラブカップ」

2007年優勝のマツリダゴッホがその年の有馬記念を制覇したのをはじめ、2001年優勝のアメリカンボスは同年の有馬記念2着、2008年優勝、2009年2着のエアシェイディも同年の有馬記念で3着に入る力走を見せた。その年の春に行われるGI 戦線だけでなく、有馬記念と同じ中山コースの重賞とあって、このレースの好走馬は、年末まで目が離せない存在となりそうだ。ここでは、東京競馬場で代替開催された2002年を含めた過去10年のデータと、2000年以降に中山競馬場で行われた過去10回のデータから、レース傾向に迫っていこう。

積極的な位置取りがポイントに!

2000年以降に中山競馬場で行われた過去10回における4コーナーの位置別成績を見ると、4コーナー「1〜5番手」グループから優勝馬9頭が送り出され、率の上でも、「1〜5番手」グループと「6番手以下のグループ」では、大きな差がついた。データからは、少しでも前方で競馬を進める馬に、より好走のチャンスが多いと言えそうだ。

上位人気は堅調も、穴なら6歳以上の馬?

2000年以降に中山競馬場で行われた過去10回の年齢別による単勝人気別成績を調べてみると、まず言えることは、単勝「5番人気以内」のグループが堅実に好走していること。優勝馬10頭は、すべて単勝「5番人気以内」のグループで占められており、2着馬でも10頭中8頭が「1〜5番人気」の馬だった。また、「6番人気以下」で3着以内に入った馬は7頭いるが、そのうち6頭が「6歳以上の馬」で、「4・5番人気」での好走も「6歳以上」の馬が多い点には注目したい。なお、過去3年の3着以内馬9頭を見てみると、9頭すべてが6歳以上の馬だったことは、頭に入れておいて損はないだろう。

カスタム検索
[新着TOPICS]11/18更新
新着情報|ネコ画像ニューススマートフォン対応|キュンぬこMAX
[新着TOPICS]11/18更新
カテゴリーメニュー|みんなのエンタメノウハウ スマートフォン対応|みんなのノウハウ 方法検索
[ジャンル]|芸能ニューススマートフォン対応|パパラチMAX
便利サイトリンク|芸能ニューススマートフォン対応|パパラチMAX
エンタメ方法検索スマートフォン対応
(c)みんなのエンタメノウハウ
All Rights Reserved.
  繝励Ο繝輔ぅ繝シ繝ォ  PR:辟。譁僣P  邀ウ豐「繝峨Λ繧、繝薙Φ繧ー繧ケ繧ッ繝シ繝ォ  繧イ繝シ繝 蛻カ菴  繧ィ繝翫壹ち繝ォ  荳ュ蜿、繝帙う繝シ繝ォ 遖丞ウカ  繧ソ繧、繝、 蜿」繧ウ繝  譬鬢翫遏ュ譛溷、ァ蟄ヲ  22繧、繝ウ繝 繝帙う繝シ繝ォ  繝峨Λ繧、繝薙Φ繧ー繧ケ繧ッ繝シ繝ォ繧「繧ク繝  謨ー迴  繝輔シ繝峨し繝シ繝薙せ  髻ウ讌ス 蟆る摩蟄ヲ譬。 遖丞イ。  RAV4 荳ュ蜿、  繧サ繧ュ繧ケ繧、縺ョ繝ェ繝弱