エンタメ方法検索スマートフォン対応|みんなのエンタメノウハウ

フェアリーSの傾向データ予想

JRA中央競馬フェアリーSにおける重賞レースの過去傾向をデータを元に分析

フェアリーS

G3フェアリーS
中山競馬場3歳牝芝外1,600m

東の3歳マイル重賞は牝馬限定レース! 「フェアリーステークス」 

1984年の創設以来、一貫して中山競馬場で実施されているフェアリーS。第2回の優勝馬には三冠牝馬メジロラモーヌの名前も刻まれているクラシックへの登竜門的な競走だ。1991年から距離が1200mに短縮されたが、一昨年から時期を1月開催に変えて再びマイルに戻り、桜花賞に向かってのキーポイントとなる一戦になることは必至。その一戦の傾向を、過去のデータからみていくことにしたい。

前走3番人気以内だった馬が優勢!

対象レースにおける前走の単勝人気別成績を調べてみると、好成績を挙げているのは、前走で単勝3番人気以内に支持されていた馬だった。ちなみに、前走の単勝人気が4番人気以下で3着以内に入った3頭のうち2頭(2007年1着ピンクカメオ、3着イクスキューズ)は、前走が阪神ジュベナイルフィリーズで、残る1頭(2009年3着グッデーコパ)は、牡馬相手のオープン特別だった。

前走「GI・JpnI」組が優勢!?

対象レースにおける前走の条件別成績を調べてみると、前走が「GI・JpnI」だった馬が3勝を挙げる好成績。前走が「新馬・未勝利」だった馬もまずまずの成績だが、前走「新馬・未勝利」組で3着以内に入った6頭には、すべてそのレースを1番人気で勝利していたという共通点があった。その反面、前走がそれ以外のクラス(GII・JpnII、GIII・JpnIII、オープン特別、500万下)だった馬は苦戦となっていることにも注意が必要だろう。

初勝利時の単勝人気と着差に注目!

対象レースの出走馬の初勝利時における単勝人気と、2着馬との着差を調べてみると、「初勝利が単勝1番人気で、かつ2着馬に1馬身以上の差をつけて勝った」という経歴がある馬が、毎年2着以内に入っていることがわかった。フェアリーSが現在の条件に変更されてからのここ2年はともに、このデータに該当する馬でのワンツー。今年もそういった存在を見落としていないか、いまいちどチェックすることをおすすめしたい。

カスタム検索
[新着TOPICS]4/22更新
新着情報|ネコ画像ニューススマートフォン対応|キュンぬこMAX
[新着TOPICS]4/22更新
カテゴリーメニュー|みんなのエンタメノウハウ スマートフォン対応|みんなのノウハウ 方法検索
[ジャンル]|芸能ニューススマートフォン対応|パパラチMAX
便利サイトリンク|芸能ニューススマートフォン対応|パパラチMAX
エンタメ方法検索スマートフォン対応
(c)みんなのエンタメノウハウ
All Rights Reserved.
  繝励Ο繝輔ぅ繝シ繝ォ  PR:辟。譁僣P  霆 蜷亥ョソ蜈崎ィア  CG 蟆る摩蟄ヲ譬。  繝輔か繧ッ繝医Λ繝ウ繝  荳ュ蜿、繝帙う繝シ繝ォ 諢帷衍  繧ソ繧、繝、 隧募愛  譚ア莠ャ 蟆る摩蟄ヲ譬。 逅邉サ  繝「繝ウ繧ュ繝シ 荳ュ蜿、繝代シ繝  鄙。鄙  逋ス莠 繝ェ繝輔か繝シ繝  譬ェ繧ィ繝エ繧。繝ウ繧ク繧ァ繝ェ繧ケ繝医騾莨  繧、繧ケ繝 繝医Κ繧ソ 荳ュ蜿、  蜷咲ーソ螻