エンタメ方法検索スマートフォン対応|みんなのエンタメノウハウ

日経新春杯の傾向データ予想

JRA中央競馬日経新春杯における重賞レースの過去傾向をデータを元に分析

日経新春杯

G2日経新春杯
京都競馬場4歳以上芝外2,400m

激闘のハンデキャップ重賞から大舞台を目指せ!「日経新春杯」

ハンデキャップレースとあって、実績馬と上がり馬の激突が楽しみでもあるこのレース。過去10年の勝ち馬は2001年のステイゴールドが、次走でドバイに遠征し国際G2勝ち、暮れには香港で国際G1を制覇しているほか、2004年のシルクフェイマスは、同年の宝塚記念で2着、2008年のアドマイヤモナークは暮れの有馬記念2着、2009年のテイエムプリキュア、2010年のメイショウベルーガは、ともに同年秋のエリザベス女王杯で2着に入るなど、直後の春シーズンだけでなく、年間を通じて大舞台で活躍を見せている。過去10年の結果から、注目データをチェックしていこう!

毎年連対馬を送り出す5歳勢!

まず、年齢別の成績をチェックすると、5頭の優勝馬を送り出す「5歳馬」が勝率14.3%、連対率でも31.4%の高数値をマーク、他の世代を圧倒していた。しかも5歳勢は10年連続で連対馬を送り出しており、今年も5歳馬の出走があれば、ノーマークにはできないだろう。また、「4歳馬」も3着以内馬10頭を送り出し、3着内率34.5%をマークしている。「4歳馬」と「5歳馬」は3着内率で「6歳以上」の馬を大きく上回っており、若い世代の好走が目立つ傾向にある。

勝ち馬は上位人気馬から

単勝人気別の成績では、単勝「1番人気」の優勝馬は2004年のシルクフェイマス1頭のみで、3着内率も40.0%にとどまっている。ただし、「1〜5番人気」馬から優勝馬9頭が送り出されているように、上位人気馬が勝ち切るケースが多い。しかし、3着以内馬の数では、2009年に11番人気で優勝したテイエムプリキュアなど「10番人気以下」から3頭、「6〜9番人気」からも6頭が送り出されており、ハンデキャップレースらしく波乱含みの傾向にあることは、常に頭に入れておきたい。

負担重量は重すぎず軽すぎず!?

負担重量別の成績では、連対馬20頭中16頭が「54キロ〜56.5キロ」の範囲だった馬から送り出されていた。また、「50キロ以下」で連対したのは2009年の優勝馬テイエムプリキュア(49キロ)のみ。「57キロ以上」の馬も、2003年2着のコイントス以来近7年間で連対はおろか、3着にも入っていないという不振が続いている。トップハンデ馬も、3着内率25.0%とその実績に見合った成績を残しているとは言えず、今年もこの傾向は続くのか、注目するのも面白いかもしれない。

カスタム検索
[新着TOPICS]11/18更新
新着情報|ネコ画像ニューススマートフォン対応|キュンぬこMAX
[新着TOPICS]11/18更新
カテゴリーメニュー|みんなのエンタメノウハウ スマートフォン対応|みんなのノウハウ 方法検索
[ジャンル]|芸能ニューススマートフォン対応|パパラチMAX
便利サイトリンク|芸能ニューススマートフォン対応|パパラチMAX
エンタメ方法検索スマートフォン対応
(c)みんなのエンタメノウハウ
All Rights Reserved.
  繝励Ο繝輔ぅ繝シ繝ォ  PR:辟。譁僣P  邀ウ豐「繝峨Λ繧、繝薙Φ繧ー繧ケ繧ッ繝シ繝ォ  繧イ繝シ繝 蛻カ菴  繧ィ繝翫壹ち繝ォ  荳ュ蜿、繝帙う繝シ繝ォ 遖丞ウカ  繧ソ繧、繝、 蜿」繧ウ繝  譬鬢翫遏ュ譛溷、ァ蟄ヲ  22繧、繝ウ繝 繝帙う繝シ繝ォ  繝峨Λ繧、繝薙Φ繧ー繧ケ繧ッ繝シ繝ォ繧「繧ク繝  謨ー迴  繝輔シ繝峨し繝シ繝薙せ  髻ウ讌ス 蟆る摩蟄ヲ譬。 遖丞イ。  RAV4 荳ュ蜿、  繧サ繧ュ繧ケ繧、縺ョ繝ェ繝弱