エンタメ方法検索スマートフォン対応|みんなのエンタメノウハウ

シンザン記念の傾向データ予想

JRA中央競馬シンザン記念における重賞レースの過去傾向をデータを元に分析

シンザン記念

G3シンザン記念
京都競馬場3歳芝外1,600m

三冠馬の魂を継承せよ!「日刊スポーツ賞 シンザン記念」

1964年1月4日に京都・芝1600mのオープンで優勝を果たしたシンザンは、同年の4歳(現3歳)クラシック競走をすべて制し、中央競馬史上2頭目の「三冠馬」となった。つまり、このシンザン記念が開催される時期やコースは、シンザンが三冠達成した年の緒戦に選んだレースとほぼ同じである。春のクラシック戦線に向け、シンザンと同様の好スタートを切るのは一体どの馬だろうか。今回は過去10年のデータを中心に、傾向の変化も踏まえながら、今年のレース結果に影響しそうなポイントを探っていきたい。

1勝馬も侮れない!

過去10年の3着以内馬30頭中、過半数の16頭はJRAのレースにおける勝利数が「1勝」だった。一方、「2勝」だった馬は勝率で「1勝」だった馬を下回っており、「3勝」だった2頭もそれぞれ3着と11着に敗れている。重賞とはいえ、1勝しかしていない馬にも十分なチャンスがあるレースと言えそうだ。

前走好走馬が中心!

過去10年の3着以内馬30頭中、7割以上にあたる23頭は、前走で「4着以内」に好走していた。また、前走が「4着以内」だった馬の好走率は、「5着以下」だった馬の好走率を大きく上回っている。前走内容を比較する際は、着順が良かった馬を素直に評価したい。

なお、前走が「5着以下」だったにもかかわらずシンザン記念で3着以内となった7頭は、いずれも前走で朝日杯3歳S(現朝日杯フューチュリティS)かラジオたんぱ杯2歳S(現ラジオNIKKEI杯2歳S)に出走していた。前走がこの2レース以外で、かつそのレースで「5着以下」に敗れていた馬は割り引きが必要だろう。

内枠有利!

過去10年の優勝馬10頭中、過半数の7頭は「1〜3枠」の馬だった。最近のシンザン記念は特に内枠有利の傾向が強く、2008年のドリームシグナル(3枠)、2009年のアントニオバローズ(1枠)、2010年のガルボ(2枠)と、3年連続で「1〜3枠」の馬が優勝を果たしている。また、連対率や3着内率を含めても、「1〜3枠」だった馬の好走率は、「4〜8枠」だった馬の好走率を大きく上回っていた。今年もまずは内めの枠を引いた馬に注目したい。

近年は短距離に実績のある馬が優勢!

過去3年の3着以内馬9頭中、2008年1着のドリームシグナル、2010年3着のセレスロンディーを除く7頭は、JRAの芝1400m以下のレースにおいて優勝経験のある馬だった。また、この条件を満たしていた馬は好走率の面でも優秀だ。以前は芝1400m以下のレースに実績のない馬もよく好走していたが、近年のシンザン記念はマイルよりも短い距離に実績のあった馬の方が信頼できる。

カスタム検索
[新着TOPICS]11/18更新
新着情報|ネコ画像ニューススマートフォン対応|キュンぬこMAX
[新着TOPICS]11/18更新
カテゴリーメニュー|みんなのエンタメノウハウ スマートフォン対応|みんなのノウハウ 方法検索
[ジャンル]|芸能ニューススマートフォン対応|パパラチMAX
便利サイトリンク|芸能ニューススマートフォン対応|パパラチMAX
エンタメ方法検索スマートフォン対応
(c)みんなのエンタメノウハウ
All Rights Reserved.
  繝励Ο繝輔ぅ繝シ繝ォ  PR:辟。譁僣P  邀ウ豐「繝峨Λ繧、繝薙Φ繧ー繧ケ繧ッ繝シ繝ォ  繧イ繝シ繝 蛻カ菴  繧ィ繝翫壹ち繝ォ  荳ュ蜿、繝帙う繝シ繝ォ 遖丞ウカ  繧ソ繧、繝、 蜿」繧ウ繝  譬鬢翫遏ュ譛溷、ァ蟄ヲ  22繧、繝ウ繝 繝帙う繝シ繝ォ  繝峨Λ繧、繝薙Φ繧ー繧ケ繧ッ繝シ繝ォ繧「繧ク繝  謨ー迴  繝輔シ繝峨し繝シ繝薙せ  髻ウ讌ス 蟆る摩蟄ヲ譬。 遖丞イ。  RAV4 荳ュ蜿、  繧サ繧ュ繧ケ繧、縺ョ繝ェ繝弱