エンタメ方法検索スマートフォン対応|みんなのエンタメノウハウ

選び方種類と特徴

ベースの選び方で迷う。そんなことありませんか?

ベースにはどんな種類があるのか?一般的に、ベースはチェロやギターの1オクターヴから2オクターヴほど音域の低い楽器とされている(構造や演奏法は各項目を参照)。
弦の数は4 - 5本が主流であるがもっと少ないものも多いものもあり、ギターやマンドリンのように副弦を持つベースもある。チューニングもさまざまである。
ここではバンド形式で言うところの一般的なベースをご紹介。

エレクトリックベースの種類ノウハウ

通常弦は全て巻弦であり、音階はギターでいう3-6弦の1オクターブ下が1-4弦に相当する。音階が低いため、楽譜上はヘ音記号で記譜する。エレキベースは、音域や演奏上のパートから見ればコントラバスの電気信号型と見なすこともできるが、その用途、構造、形状、発音方式、増幅方式などは全てエレキギターに準じており、実際は低音階を演奏するために特化したエレキギターである。

アコースティック・ベースの種類とノウハウ

アコースティック・ベースとは、弦楽器のひとつで、電気的音量増幅を必要としない(アンプラグド)ベースの総称。エレクトリックベースが登場したことによるレトロニムである。アップライト型は床に立てて弾く。ダブルベース (double bass)、和製英語のウッドベースなど呼称は多様。

コントラバス

4本または5本の弦を持つ大きな弦楽器である。略号は「Cb」。単にバスもしくはベース(Bass)(英語圏ではこの呼び方をする人が多い)、ダブルベース(英語起源)、ストリングベース(英語圏においてエレクトリックベースに対し)、ウッドベース(和製英語)、アップライトベース、アコースティックベース(ポピュラー音楽でエレクトリックベースに対し)、ベース・フィドル(ケルト系の音楽でヴァイオリンの呼称であるフィドルに対して)とも言う。呼称が多いのは、コントラバスがさまざまな場面で使われることの表れである。
カスタム検索
[新着TOPICS]1/24更新
新着情報|ネコ画像ニューススマートフォン対応|キュンぬこMAX
[新着TOPICS]1/24更新
カテゴリーメニュー|みんなのエンタメノウハウ スマートフォン対応|みんなのノウハウ 方法検索


便利サイトリンク|芸能ニューススマートフォン対応|パパラチMAX
エンタメ方法検索スマートフォン対応
(c)みんなのエンタメノウハウ
All Rights Reserved.
  繝励Ο繝輔ぅ繝シ繝ォ  PR:辟。譁僣P  鬮俶「∬ェ蜍戊サ雁ュヲ譬。  繧ー繝ゥ繝輔ぅ繝繧ッ繝繧カ繧、繝ウ 蟆る摩蟄ヲ譬。  螟上ち繧、繝、繧呈シ螳峨ご繝繝  荳ュ蜿、繝帙う繝シ繝ォ 鬥吝キ  繧ソ繧、繝、 繧ケ繝繝繝励Ρ繧エ繝ウ 譁ー蜩  閾ェ蜍戊サ頑紛蛯吝」ォ 蟆る摩蟄ヲ譬。  繧ォ繝シ逕ィ蜩 騾夊イゥ  譁ー貎滉クュ螟ョ閾ェ蜍戊サ雁ュヲ譬。  驥鷹°繧「繝繝励ョ螟ゥ辟カ遏ウ  蟯ゥ謇 蜷亥ョソ蜈崎ィア  髻ウ讌ス 蟆る摩蟄ヲ譬。 遖丞イ。  繧ソ繧、繝、 螻・縺肴崛縺 雎頑ゥ句ク  蜷咲ーソ讌ュ閠