エンタメ方法検索スマートフォン対応|みんなのエンタメノウハウ

演奏方法ノウハウ

ベース超絶テクニックへの道のりもまずは基本から

エレキベースの演奏方法には、主にピック弾きと指弾きの2種類があります。曲調に合わせて臨機応変に使い分けることができれば一番良いのですが、一朝一夕でできるものではないため、最初は自分の目的に適したスタイルを練習することをオススメします。

ピック奏法ピック弾き

ピックを使って弦を弾く方法。硬くて大きな音が得られるため、ロックではピック弾きが使われることが多い。また、ピックには様々な種類があり、それによって音が変わってきます。ピックにはSOFTからHARDまで色々な硬さがありますが、ベースの場合硬めのピックのほうが弾きやすいと思います。(MEDIUM以上)形状にはティアドロップ型(先端が細くなっているもの)と、トライアングル型(正3角形で、どの角も使用可能)がありますが、これも両方使ってみて使いやすいほうを選んでください。

ピックの持ち方ですが、親指と人差し指で挟む様に持つのが原則です。人差し指はピックの先端を向くようにしましょう。テンポの速い曲で、ダウンとアップが交互にくるような場合は、人差し指を曲げてピックを深めに持つと弾きやすいです。

ピッキングは、弦に対してピックが水平になるようにします。立って弾く場合も、手を傾けてピックが水平にあたるように心がけましょう。手は手首を中心に動かします。決して肘の回転でピッキングをしないように。曲のテンポが遅い場合は、ダウンピッキング(上から下へ弾くこと)だけでいいのですが、早いフレーズを弾こうとするとダウンだけでは間に合わなくなります。そうすると必然的に、アップピッキング(下から上へ弾くこと)が必要になってくるわけですが、最初のうちはこれがなかなかできないと思います。コツは、ピックで弦を往復ビンタするような感じでしょうか?うちわを仰ぐ動作にも似ています。とにかく何度も練習してコツを掴んでください。このようにアップとダウンを繰り返すことをオルタネイトピッキングと呼びます。(重要な言葉です)

フィンガーピッキング奏法指弾き

指を使って弦を弾く方法。爪を切りましょう。丸くて柔らかい音が出るため、バラードやジャズで好んで使用されます。また早く弾くには相当の熟練が必要なため、上級者向きと言える。主に人差し指と中指の2本が使われますが、薬指、小指を使っても問題ありません。テンポの遅い曲では、音質をそろえる為、1本の指だけで演奏する場合もあります。

人差し指と中指には長さの差があるため、弦に当たる部分が変わってきます。それを防ぐために、ヘッドを上にあげて、弦を傾けます。これにより、音の粒がそろいやすくなります。

まず、ピックアップか、4弦の上に親指を乗せます。そして指で弦を弾くわけですが、指の腹、もしくは先端でなでるように弾くのがコツです。弾いた指はそのまま、下の弦に当てて止めます。これを人差し指と中指で交互にやります。最初のうちは8分すらまともに弾けないと思います。まずは8分をキレイに弾くことができるようになるように練習しましょう。それが出来るようになれば、人差し指と中指の音量や音質をそろえることに専念すると良いでしょう。

その他のテクニックノウハウ
カスタム検索
[新着TOPICS]7/21更新
新着情報|ネコ画像ニューススマートフォン対応|キュンぬこMAX
[新着TOPICS]7/21更新
カテゴリーメニュー|みんなのエンタメノウハウ スマートフォン対応|みんなのノウハウ 方法検索


便利サイトリンク|芸能ニューススマートフォン対応|パパラチMAX
エンタメ方法検索スマートフォン対応
(c)みんなのエンタメノウハウ
All Rights Reserved.
  繝励Ο繝輔ぅ繝シ繝ォ  PR:辟。譁僣P  縺阪h豁ヲ閾ェ蜍戊サ雁ュヲ譬。  Web繝繧カ繧、繝ウ 蟄ヲ譬。  Apex  荳ュ蜿、繝帙う繝シ繝ォ 鄒、鬥ャ  繧ソ繧、繝、 繧ィ繝ェ繧キ繧ェ繝ウ 譬シ螳  迺ー蠅蝠城。 蟆る摩蟄ヲ譬。  WAKO'S  繝代Ρ繝シ繧ケ繝医シ繝ウ蛻晁ウシ蜈・笙ェ  迚ゥ豬√さ繝ウ繧オ繝ォ繝繧」繝ウ繧ー  譬ェ繝励Ο繝輔ぉ繝繝医蜍晉紫  繧ウ繝ォ繝 荳芽廠 荳ュ蜿、  蜷咲ーソ螻