エンタメ方法検索スマートフォン対応|みんなのエンタメノウハウ

チューニング(調律)ノウハウ

ベース基本的なチューニング方法。調律が合ってないと練習しても上手くなりませぬ

チューニングとは、4本の弦を正しい高さの音に合わせることです。バンドで同じ音を弾いたつもりなのにチューニングが合っていなかったら、気持ち悪くて音楽になりません。メンテナンスとは少し意味合いが違いますが、ベースを弾く前に必ずやらなければなりません。

ベースの4本の弦は細い方から1弦、2弦、3弦、4弦、と呼びます。そして、それぞれの開放弦が1弦=G(ソ)、2弦=D(レ)、3弦=A(ラ)、4弦=E(ミ)の音になるようにぺグを回して調整するのです。

ピアノやキーボードなどの、初めから正しい高さの音が出せる楽器から音を提供してもらい、まず1本の弦を正しい音に合わせてから、その弦を基準にして残りの3本の弦を合わせます。通常A(ラ)の音を基準にしてチューニングするのが常識となっています。これはベースの3弦です。この3弦の開放弦がピアノやキーボード等で弾いたA(ラ)の音とピッタリ合えばいいのです。

開放弦そのままの音を合わせてもいいのですが、ベースは低音楽器で音程が聞き取りづらいので、「オクターブ調整」で説明した「ハーモニクス」を使うと聞き取りやすいです。12フレットのハーモニクスは開放弦の1オクターブ上の音です。また5フレットのハーモニクスはさらに1オクターブ上の音です。このどちらかで3弦の開放弦を正しいA(ラ)の音に合わせましょう。そして、この正しい音の高さになった3弦を基準にして、残りの3本の弦を合わせていきます。



カスタム検索
[新着TOPICS]1/24更新
新着情報|ネコ画像ニューススマートフォン対応|キュンぬこMAX
[新着TOPICS]1/24更新
カテゴリーメニュー|みんなのエンタメノウハウ スマートフォン対応|みんなのノウハウ 方法検索


便利サイトリンク|芸能ニューススマートフォン対応|パパラチMAX
エンタメ方法検索スマートフォン対応
(c)みんなのエンタメノウハウ
All Rights Reserved.
  繝励Ο繝輔ぅ繝シ繝ォ  PR:辟。譁僣P  鬮俶「∬ェ蜍戊サ雁ュヲ譬。  繧ー繝ゥ繝輔ぅ繝繧ッ繝繧カ繧、繝ウ 蟆る摩蟄ヲ譬。  螟上ち繧、繝、繧呈シ螳峨ご繝繝  荳ュ蜿、繝帙う繝シ繝ォ 鬥吝キ  繧ソ繧、繝、 繧ケ繝繝繝励Ρ繧エ繝ウ 譁ー蜩  閾ェ蜍戊サ頑紛蛯吝」ォ 蟆る摩蟄ヲ譬。  繧ォ繝シ逕ィ蜩 騾夊イゥ  譁ー貎滉クュ螟ョ閾ェ蜍戊サ雁ュヲ譬。  驥鷹°繧「繝繝励ョ螟ゥ辟カ遏ウ  蟯ゥ謇 蜷亥ョソ蜈崎ィア  髻ウ讌ス 蟆る摩蟄ヲ譬。 遖丞イ。  繧ソ繧、繝、 螻・縺肴崛縺 雎頑ゥ句ク  蜷咲ーソ讌ュ閠