エンタメ方法検索スマートフォン対応|みんなのエンタメノウハウ

基本ギター演奏方法

通常は利き腕の反対側の手でネックを持って弦を押さえ、利き腕の手で弦を弾くことになるが、必ずしもその通りであるとは限らない。左利きであっても左利き用のギターを用意できない(値段や商品の数などで大きく不利)ために右利き持ちをしたり、利き手に関わらず通常とは逆の持ち方が当人には自然であるという場合がある。

弦を押さえる手は、ネックの下側をくぐるようにして親指をネックの裏側に当て、人差し指から小指までの4本の指で弦を押さえるのが基本姿勢となる(クラシックスタイル)。また、親指を表(指板)側に出してネックを握り込むようなスタイルも、主にブルースなどで用いられる。さらに親指で第6弦(通常一番上部に位置し、最も低い音を担当する)を押さえるという技法もある。


コードを演奏する際、基本的には左手の指1本につき弦1本を押さえるが、この場合、6本の弦の内、4本を押さえることしかできない。必然的に押さえられていない「開放弦」の音が混じることがあり、比較的独特な響きとなる。この左手のポジションを、オープンコード、もしくはローポジションという。ローポジションでは表現しきれないコードを奏でる時などは、左手の人差し指を寝かせて使い、1 - 6弦を一度に押さえてしまった上で、残りの3本の指で音を調整する。この人差し指の技術をセーハ、もしくはバレーと言い、これによって作られた左手のポジションをハイコードやバレーコードなどと言う。セーハは疲労する、開放弦とは音質が異なる、そもそも技術的に困難である、自由になる指が1本減るため演奏に制限が加わる、などの特徴があるため、カポタストというアクセサリーである程度は回避することができる。

なお、アルペジオ奏法は言うに及ばず、ストローク奏法でも、特定の弦を弾かない、もしくは鳴らさないことが可能であるため、以上の記述はあくまで一般論である。音が鳴ると困る弦については、左手の任意の部分で軽く触れておくことによって、発音をほぼ抑えることができる。この技法をミュートという(右手で行うミュートもあるが、目的は別のものであることが多い)。特に狙ってミュートを行わない時でも、事故によって適切でない弦が演奏されることを防ぐため、予防としてミュートしておくこともある。セーハについても、6弦同時に的確なセーハが要求される状況が全てではないし、他の指についても1本の指で2本、3本の弦を押さえることも、手のサイズや関節の柔らかさにもよるが、ギターに習熟すれば可能である。

右手の方はピックもしくは人差し指で全ての弦を一気に掻き鳴らすストローク奏法、数本の指で分担してコードを奏でるアルペジオ奏法、エレキギターなどではピックを用いたソロ演奏などがある。特にクラシックギターでは、伴奏と旋律を同時に奏でる独奏も多く見られる。詳しくは後述のリンク先を参照されたし。

演奏における姿勢は椅子に座って左足を踏み台に乗せ、脚の位置を高くしてボディ側面のくぼみ(現在はくぼみのないデザインの物も存在する)を左脚の太股に乗せ、ギターを体全体で抱えるような姿勢で演奏をする。現在は踏み台は使わずに右脚の太股にギター側面のくぼみを乗せて演奏をする例も見かける(その際、右脚を上にして脚を組む場合と、そうでない場合がある)。クラシックギター以外はストラップで肩から下げ、立って演奏することも多い

主なギター演奏方法

ギターなどの撥弦楽器の弦をピックではじいて演奏する奏法。

上から下へ、ピックや指、爪等を使用して弦を弾く演奏方法。弦楽器の中でも特にギター・ベースに使用される専門用語。

下から上へ、ピックや指、爪等を使用して弦を弾く演奏方法。ダウンピッキングよりも弦からピックや指や爪が離れやすく難しい。

弦を弾く動きが、ダウンピッキングとアップピッキングの規則的な繰り返しによって行われ、弦を移動した場合や休符を挟んだ場合にもその動きが持続される演奏方法。

弦移動の際に、高音弦に移る場合はダウンピッキングで、低音弦に移る場合はアップピッキングで弦を弾く演奏方法。

ギターの演奏においてダウン・ピッキングもしくはアップ・ピッキングを連続して行う奏法。

細かい音価で同音を反復させながら保ち続けること。

基本的にトレモロ奏法と同様だが、エドワード・ヴァン・ヘイレンは中指と親指でピックを持ち、弦に対してより垂直に当てることでより軽やかで早いトレモロ奏法を行う場合があり、これをハミングバード奏法と呼ぶ。

右手の特徴としては4〜6弦(ベース担当)をミュートして親指で弾きながら、1〜3弦(メロディ担当)を人差し指と中指でメロディとコード弾く。

弦に対してピックを垂直に当てて滑らせることにより独特の効果を得ること。



ピックなどを使わず、指先と爪を使って弾き、演奏する奏法。

ピック奏法に比べると輪郭やアタックがぼやけがちだが、ニュアンスの変化は比較的付けやすい。

親指から中指 (または人差し指から薬指まで) を順番に動かして分散和音やトレモロ奏法などを演奏する奏法。

和音を構成する音を一音ずつ低いものから(または、高いものから)順番に弾いていくことで、リズム感や深みを演出する演奏方法。

フレット間の弦を叩いて演奏すること

プリング・オフ(または単にプリング)とは弦楽器の演奏技法のひとつで、指板上の指で弦を引っ掻いて演奏すること

弦を弾いた後に押弦している指で弦を引っ張り、無段階に音の高さを変えるギターの演奏技法

一音一音を区切ることなく、隙間なく滑らせるように流れるように音高を上げ下げする演奏技法

左手で和音を押さえ、右手の指の爪側で上から下に掻き鳴らすように弾く。

ストリング(弦)をスキップ(飛ばす)ことから来ている。

弦を指板にまで押さえつけず軽く触れる程度で弾くと、触れた箇所を節とする倍音だけが鳴る(触れた箇所が腹となる振動が抑制される)。

ストローク直後に右手側面でミュートする動作を繰り返し、歯切れの良いサウンドを出す演奏技法。

押弦した指を滑らせることによって、始点と終点の音を途切れさせずに滑らかに音程を変えていくこと。

スライドバーと呼ぶ棒を指に装着または持ち、弦がフレットや指板から浮いた状態のままバーを任意の位置で弦に接触させ、ピッキングして発音する奏法

指板上の弦を指で叩き付けて押弦したりそのまま横に弾いたりして音を出す。

カスタム検索
[新着TOPICS]11/18更新
新着情報|ネコ画像ニューススマートフォン対応|キュンぬこMAX
[新着TOPICS]11/18更新
カテゴリーメニュー|みんなのエンタメノウハウ スマートフォン対応|みんなのノウハウ 方法検索

[ジャンル]|芸能ニューススマートフォン対応|パパラチMAX
便利サイトリンク|芸能ニューススマートフォン対応|パパラチMAX
エンタメ方法検索スマートフォン対応
(c)みんなのエンタメノウハウ
All Rights Reserved.
  繝励Ο繝輔ぅ繝シ繝ォ  PR:辟。譁僣P  邀ウ豐「繝峨Λ繧、繝薙Φ繧ー繧ケ繧ッ繝シ繝ォ  繧イ繝シ繝 蛻カ菴  繧ィ繝翫壹ち繝ォ  荳ュ蜿、繝帙う繝シ繝ォ 遖丞ウカ  繧ソ繧、繝、 蜿」繧ウ繝  譬鬢翫遏ュ譛溷、ァ蟄ヲ  22繧、繝ウ繝 繝帙う繝シ繝ォ  繝峨Λ繧、繝薙Φ繧ー繧ケ繧ッ繝シ繝ォ繧「繧ク繝  謨ー迴  繝輔シ繝峨し繝シ繝薙せ  髻ウ讌ス 蟆る摩蟄ヲ譬。 遖丞イ。  RAV4 荳ュ蜿、  繧サ繧ュ繧ケ繧、縺ョ繝ェ繝弱