エンタメ方法検索スマートフォン対応|みんなのエンタメノウハウ
構造をしっておいて損はありません。チューニングなどでも必須の名称です。意外と知らないパーツ名もあるかもですよ。

一般的なギターの構造

音量の増幅を目的とした胴(ボディー)と、音程のコントロールを容易にすることを目的とした棹(ネック)を持つ。6本の弦を持ち、弦のボディー側の端には駒(ブリッジ)があり、ネック側にはナットが備えられている。ナットより先には弦を固定し音程調整をするための糸巻き(ペグ)があり、それらを固定する台座としてヘッドがある。6本の弦は、演奏時にギターを持った時の上側が一番太く(音域が低く)、下に向かって順に細く(音域が高く)なる。ネックには運指を容易にする指板(フィンガーボード)があり、指板上にはフレットが打ってある。大分類としては、生音を箱状のボディーをヘルムホルツ共鳴器として使用して音を拡声するアコースティックな楽器と、ピックアップと電気増幅回路を使用して音を拡声するエレクトリックな楽器の2種類に分類される。


クラシック・ギターとエレキ・ギターのパーツ名











































カスタム検索
[新着TOPICS]1/24更新
新着情報|ネコ画像ニューススマートフォン対応|キュンぬこMAX
[新着TOPICS]1/24更新
カテゴリーメニュー|みんなのエンタメノウハウ スマートフォン対応|みんなのノウハウ 方法検索


[ジャンル]|芸能ニューススマートフォン対応|パパラチMAX
便利サイトリンク|芸能ニューススマートフォン対応|パパラチMAX
エンタメ方法検索スマートフォン対応
(c)みんなのエンタメノウハウ
All Rights Reserved.
  繝励Ο繝輔ぅ繝シ繝ォ  PR:辟。譁僣P  鬮俶「∬ェ蜍戊サ雁ュヲ譬。  繧ー繝ゥ繝輔ぅ繝繧ッ繝繧カ繧、繝ウ 蟆る摩蟄ヲ譬。  螟上ち繧、繝、繧呈シ螳峨ご繝繝  荳ュ蜿、繝帙う繝シ繝ォ 鬥吝キ  繧ソ繧、繝、 繧ケ繝繝繝励Ρ繧エ繝ウ 譁ー蜩  閾ェ蜍戊サ頑紛蛯吝」ォ 蟆る摩蟄ヲ譬。  繧ォ繝シ逕ィ蜩 騾夊イゥ  譁ー貎滉クュ螟ョ閾ェ蜍戊サ雁ュヲ譬。  驥鷹°繧「繝繝励ョ螟ゥ辟カ遏ウ  蟯ゥ謇 蜷亥ョソ蜈崎ィア  髻ウ讌ス 蟆る摩蟄ヲ譬。 遖丞イ。  繧ソ繧、繝、 螻・縺肴崛縺 雎頑ゥ句ク  蜷咲ーソ讌ュ閠